ジャックラッセルテリア専門ブリーダーの子犬販売サイト|ワンダフル!ジャック

Home > ジャックラッセルテリアの歴史

ジャックラッセルテリアの歴史


 
  19世紀中半に、イギリスのデヴォンシャーに住んでいた神父ジョン・ラッセルが作り上げた「トランプ」という犬が、ジャック・ラッセル・テリアの祖先に当たる犬といわれています。 キツネ狩りの熱狂的な愛好家だったジョン・ラッセルは、馬に付いて走ることができ、さらにキツネの巣穴に突進して、キツネを巣穴から追い出すことができるテリア種を作ろうとしていました。 名前の由来は、ジョンの別称:ジャックからジャック・ラッセル・テリアと付けられました。 ジョン・ラッセルはジャック・ラッセル・テリアを、キツネ狩り以外の場所に出すことを拒み続けていたため認定された犬種ではありませんでした。 以後、ジャック・ラッセル・テリアの愛好家により、イギリスでは1991年に、パーソン・ジャック・ラッセル・テリアとしてコンフォメーションクラスに認定されました。 イギリスにおいて基礎犬となったフォックス・テリアにボーダー・テリア、ビーグルなど他犬種の交配を繰り返し猟性能が高い犬種として作り出されたジャック・ラッセルア・テリアは、その後オーストラリアでコーギー等と交配され一般家庭でも飼い易い愛玩犬に改良されてきました。 日本でよく見かける足が短くて胴が長いタイプのジャック・ラッセル・テリアは、オーストラリアで改良されたジャック・ラッセル・テリアです。 現在イギリスでパーソン・ラッセル・テリアという名前が付けられたのも、オーストラリア系のジャック・ラッセル・テリアと区別するためでした。 1990年代になると、ジャック・ラッセル・テリアは、映画やテレビなどのメディアに登場して人気が上昇し、人々から大きな関心を集めることになりました。

 
 
ブリーダーのジャックラッセルテリア新着子犬出産情報




Home > ジャックラッセルテリアの歴史