ジャックラッセルテリア専門ブリーダーの子犬販売サイト|ワンダフル!ジャック

Home > ジャックラッセルテリアの価格


ジャックラッセルテリア子犬の販売価格

お客様より「どうしてこの子犬は安いんですか?」、「どうして兄妹で価格が違うんですか?」など、子犬の販売価格についてご質問される場合があります。
販売者であるブリーダーまたはペットショップにより、子犬販売価格の設定方法は様々だと思いますが、経験則からご紹介させて頂きます。


ジャックラッセルテリア子犬の販売価格帯

ジャックラッセルテリアの子犬販売価格は、30,000〜300,000円と様々です。


子犬の価格はどのように決まる?

子犬の価格設定には、様々要素があります。以下をご参考にしてください。

親犬の血統
親犬がチャンピオン血統(=ハイ・クオリティ)であれば、価格は高くなります。
血統書や宣伝説明の中に、
− JKC.CH(ジャパンケンネルクラブ(日本)・チャンピオン)
− AUST.CH(オーストラリア・チャンピオン)
− INT.CH(インターナショナルビューティー・チャンピオン)
と標記されています。
また、両親またはどちらかがチャンピオンのときは、「直子」、「直娘」と標記されています。
犬の質を可視判断できるものです。

性別による違い
メスはオスに比べて、10,000円〜20,000円高いのが相場です。
メスの方が性格が穏やかだとか、飼い易いから高いと思われている方がいるようですが、決してそんなのことはありません。 犬も人間と同じで、オテンバで強い女性もいるんですよ!(笑)
メス犬は、繁殖(子犬を出産)することから割高となっているようです。

欠点の有無
販売時点において欠点がある子犬は、その欠点を明確にし、販売価格を下げます。
なお、手術等の治療が必要であったり、飼養するうえで負担がかかるような子犬は、基本的に販売致しません。

親犬のコスト
親犬(繁殖犬)のフードの種類等、直接的なコスト、トリミングやシャンプー、散歩等の世話にかかるコスト、ブリーダーの愛情の注ぎ方等のコストがあります。 基準があるわけではなく、第三者が判断するのも難しいかもしれませんが、親犬を見ることで概ね分かるのではないでしょうか。

子犬のコスト
子犬のフードの種類等、直接的なコスト、トイレトレーニング等のしつけを入れる・入れない等でも相違があります。

子犬の月齢
運やタイミングが悪く、なかなか飼い主様が決まらない子犬がいます。 月齢が経ってしまった子犬は、販売価格を下げ、一日も早く新しい飼い主様を探す場合があります。

なお、ショーブリーダーさんは、ショーチャレンジする子犬を見極めるまで、3〜4ヶ月様子を観察する場合があります。

オークション(市場)利用の有無
近年、大手のペットショップがペット業界に参入したことにより、オークションでの取り引き価格は下落しています。 ブリーダーさんは、数を売らなければ業として成り立たないのが現状です。 オークションを利用しているブリーダーさんは、オークンション価格を基本に販売するため安値で販売する傾向があります。

相場による価格の変動
子犬が最も多く取り引きされるのがオークション市場です。子犬の数が少なかったり、お客様の購買意欲の高い月には、子犬の販売価格も上昇するようです。 需要と供給のバランスで変動するということになります。
相場を考慮した価格設定をされる販売者が多いようですが、考慮されない販売者もおります。

仲介業者のコスト
ブリーダーが直販せず、仲介業者が販売する場合は、当然コストが掛かります。
実店舗の場合は、家賃、光熱費、宣伝広告費、人件費、フード代などがコストになります。
インターネット販売のような在庫レスの場合は、宣伝広告費、人件費などがコストになります。
そのコストは、子犬の販売価格に反映されるのが一般的です。

利益のみ追及
上記に挙げた要素とはまったく関係なく、ただ単に高利益を追及する、ほんの一握りの販売者もいます。 パピーミル(悪徳ブリーダー)や悪徳ブローカーですね。

★一概に子犬価格の妥当性を判断することは難しいかもしれません。
 ブリーダーさんや販売者に、上記要素を尋ねてみてはいかがでしょうか!

【備考】
多くのブリーダーさんとお話しする中で、このような考え方をされる方もいました。
・子犬に差をつけたくないから、オス・メスの価格はいっしょです。
・高値で売りたい。高価であれば安易に手放さず、大切に育ててくれそうな気がする。
 (決して利益追求型ではなく、良いブリーダーさんですよ!)

ブリーダーのジャックラッセルテリア新着子犬出産情報


Home > ジャックラッセルテリアの価格