ジャックラッセルテリア専門ブリーダーの子犬販売サイト|ワンダフル!ジャック

Home > 迷子対策

犬の迷子対策


突然の迷子、災害、盗難、事故など万が一のことをお考え下さい。 万が一のための対策として、マイクロチップ、迷子札、鑑札の装着があります。

マイクロチップ


動物愛護管理法では、マイクロチップの装着を推奨しています。 マイクロチップとは、直径2o、長さ約8〜12oの円筒形の電子標識器具で生体適合ガラスで覆われています。 それぞれのチップには、世界で唯一の15桁の数字(番号)が記録されており、この番号を専用のリーダー(読取器)で読み取ることができます。 動物の安全で確実な個体識別(身元証明)の方法として、ヨーロッパやアメリカをはじめ、世界中で広く使われています。 生後2週齢頃から装着することができ、費用は数千円程度です。装着のご相談、費用は最寄の動物病院にてご確認ください。

迷子札


迷子札にはワンちゃんの名前・飼主様の名前・連絡先等を記します。 市販で様々な迷子札が販売されています。可愛らしい物、ゴージャスな物がありアクセサリー感覚で装着されている方も多いようです。 迷子札は首輪に装着したり、首輪とは別にチョーカー等に装着することができます。 自宅で首輪を外す方はチョーカー等常に装着し、常に身に付けておきましょう。 自宅からの逃走や災害時には意味のないものになってしまいます。

鑑札


各自治体にワンちゃんを登録することは法令で義務付けられています。 登録を行うと鑑札を貰います。これはワンちゃんと飼主様を識別するための番号が刻印されています。 昔の鑑札は身に付けて格好良いものではありませんでしたが、最近では可愛い鑑札に替わってきています。 迷子札と同様に自宅で首輪を外す方はチョーカー等に装着することをお薦めします。
border



ブリーダーのジャックラッセルテリア新着子犬出産情報


Home > 迷子対策