ジャックラッセルテリア専門ブリーダーの子犬販売サイト|ワンダフル!ジャック

Home > ワクチンについて

犬のワクチンについて


ワクチンとは、感染症の予防に用いる医薬品です。 弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症に掛かり難くするための予防薬です。 弱いとはいえ病原体を接種するため、まれに体調が崩れることがあることから、接種後はしばらく安静にしておくべきでしょう。 犬の場合の安静とは、走り回ったり過激な運動を控えることです。 ワクチンを接種することで感染症に掛からないわけではなく、感染する確立を大幅に低減するというものです。



子犬のワクチン接種時期と回数


子犬のワクチン接種回数は、2回〜3回といわれています。 なぜ複数回の接種が必要なのかご説明します。

子犬は、初乳・母乳から感染症に対する免疫力を譲り受けています。これを移行抗体と言います。
生後3週間〜4週間くらいの時期から離乳食に切り替えます。 そのため、通常生後42〜50日で感染症に対する免疫力(移行抗体)は消滅するといわれています。 したがって、初回のワクチン接種時期はこの時期になります。

ただし、免疫力(抗体)が切れる時期は個体差によりばらつきがあります。 抗体が残っている時期にワクチンを接種しても、抗体が作り出されないため無意味なものになってしまいます。 抗体の有無を確認してから、ワクチンを接種すればよいのですが、この検査には高額な費用と時間が必要です。 それよりも、ワクチンを複数回接種した方が、安く済むわけです。 2回目のワクチン接種は、初回の接種日から3週間〜1ヶ月後になります。 それでも抗体が残っている可能性もあるため、更に3週間〜1ヶ月後に3回目のワクチンを接種する場合もあります。

基本的に初回のワクチンは、ブリーダーさんの下にいるとき接種されます。 子犬お渡し時に「ワクチン証明書」をお渡しします。この証明書に2回目の接種時期が記載されていませので、その時期に接種してください。 3回目のワクチン接種については、掛かりつけの獣医師の指示に従ってください。

以上のことから、子犬のワクチン接種は、
1回目:生後約60日
2回目:生後約90日
3回目:生後約120日(獣医師による)
となります。

※極端に掛け離れた時期にワクチンを接種している場合やまったく接種していないブリーダー・ショップは要注意です。

※病原体を接種するわけですから、体調を崩す場合があります。
 その時は、すぐに獣医師に報告し指示に従ってくでさい。



成犬のワクチン接種


成犬になってからは、1年に1回のワクチン接種となります。 子犬の時期、最後に接種した日から1年後になります。
最近では、掛かりつけの動物病院から「○月○日ごろワクチン接種時期です」と、お知らせが届くところもあるようです。

※ワクチン接種は毎年必要?
アメリカなどでは、ある時期から3年に1回のペースでワクチンを接種するようです。 日本と異なりますね。一説では、獣医師の金儲けのためなどの情報もありますが、その真偽は定かではありません。 ワクチン接種は、保険のようなものです。 無意味なものかもしれませんが、私は獣医師の指示に従うことがベストかと思います。



ワクチンの種類


ワクチンには単体ワクチンから2〜9種類の混合ワクチンがあります。 混合ワクチンの種類が多ければ多いほど安心感がある反面、注入する病原体の種類が多くなりますので、身体に与える影響も大きくなります。 ワクチンの選び方は、下表を参考にし、また獣医師とご相談の上決めることをお勧めします。

  5種混合 6種混合 7種混合 8種混合 9種混合
犬バルボウィルス感染症
犬ジステンパーウィルス感染症
犬伝染性肝炎
犬アデノウィルス2型感染症
犬パラインフルエンザウィルス感染症
犬コロナウィルス感染症
犬レプストピラ病
(2種類)

(2種類)

(3種類)

※製薬会社によって、異なる場合があります。
 動物病院で扱っている製薬会社のパンフレットをご確認ください。

ブリーダーのジャックラッセルテリア新着子犬出産情報


Home > ワクチンについて